alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 Internet Explorerのアップデートを行っていただくか、その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

2017年9月18日 – スウェージロック社、新社長兼最高執行責任者の就任を発表

スウェージロック社、新社長兼最高執行責任者の就任を発表


本文は、2017年9月18日に米国スウェージロック社から発表されたプレスリリースを抄訳したものです。原文との間に内容的な齟齬がある場合には、英文が優先されます。原文については 英語版 をご覧ください。

2017年9月18日 - 流体システム・コンポーネントの製造およびソリューションを提供するスウェージロック社(本社:米国オハイオ州ソロン、会長、社長兼最高経営責任者:アーサー・F・アントン)は、2017年10月2日付で、ウィリアム(ビル)・キャナディが社長兼最高執行責任者に就任することを発表しました。キャナディは、長期的な後継者育成計画の一環として、アントン率いる経営幹部に加わることになります。

「ビルがその卓越したリーダーシップを発揮し、顧客のグローバル化に対応した事業運営を進めることで、業界のリーダーとしての当社の地位がより強固なものになると確信しています」とアントンは述べています。

キャナディは約30年にもおよぶ産業経営の経験を持ち、最近ではインダストリアル・プロダクト・グループのヒレンブランド社にて上席副社長および社長を務めました。 戦略、ビジネス開発、リーン生産方式、オペレーショナル・エクセレンス、販売、流通など、今まで培ってきた幅広いビジネス経験を武器に、工業製品/サービスを提供する企業のリーダーとして、業務拡大、新製品開発、製造/オペレーション/サプライ・チェーンのグローバル展開を通じて新たな価値を創造してきたキャナディの手腕は、これまでに高い評価を受けてきています。

アントンは、1998年に最高財務責任者としてスウェージロック社に入社し、2001年に社長に就任しました。アントンは、会長兼最高経営責任者に留任します。

キャナディは、エルムハースト・カレッジで経営学の理学士号を、シカゴ大学で経営学の修士号を取得しており、中でも財務、会計、マーケティング、戦略的経営を重点的に学びました。 また、世界的なNPO団体ヤング・ライフの役員としても活躍しており、若者の夢の実現に向けたサポートに尽力しています。

米国オハイオ州ソロンに本社を置くスウェージロック社は、研究開発、計装、プロセス、オイル/ガス、電力、石油化学、代替燃料、半導体などの業界に向けて流体システム製品、アセンブリー、サービスの開発および提案を行っています。 スウェージロック社は、より長くお使いいただける製品と変わらぬ品質および信頼性をお客さまにお届けするため、材料科学と製品設計に多額の投資を行っています。 また、お客さまと共同で、カスタム設計、特殊な組み立て、製造、メンテナンスなどを行っています。

70カ国で200カ所を超える指定販売会社は、各地域のお客さまにきめ細かいサービスを提供していますが、それをバックアップしているのはスウェージロック社のグローバルなリソースです。 国や地域を問わず、工場サポート、フィールド・エンジニアリング、技術サービスを提供させていただくほか、配送調整や在庫管理も行っています。