alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 Internet Explorerのアップデートを行っていただくか、その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

Marguerite Walz

Jill Whelan, Vice President, Corporate Communications

Marguerite Walz

副社長、人事担当

クリックして履歴を見る(英語のみ)

今日の人事の仕事における最も困難な課題とは、あらゆる年代の社員にとって魅力的でやる気が出るような経験を作り出すこと、そして変化に対して迅速に対応できるよう常に準備しておくことでしょう。 ジェネレーション・ギャップは特に目新しい問題ではありませんが、個人にとって有意義かつ魅力的な経験というのは、年々変化していくものです。

技術と「常に前向きな」思考を備えることで、私達は仕事、学習、対応、交流の方法を変化させてきました。 「個人の経験」を考慮しつつ、オープンかつ活発で技術に精通した文化を生むビジネスは、必ずや成功することでしょう。 製造の現場においても同様で、才能ある新しい世代にキャリアを築いてもらうための取り組みが常に行われています。

課題や変化のペースに対処することはやりがいがあると同時に困難でもありますが、私はチームとして物事を解決するべく奮闘することを楽しんでいます。 私の役割は人と人とを繋ぐ“コネクター”であり、人事部の仕事は社員をまとめ、ひとりの力では成し得ない大きな目標に集中できるようサポートすることです。 ビジネス、ミッション、人材の3つを理解すれば、皆で力を合わせてさまざまな素晴らしい成果を上げることができます。

私は何らかの方法や形で人のために尽くしたいと常に思っていましたが、人事のプロになることがそれに当たるのかは分かっていませんでした。 私は市内中心部から1時間ほど離れたところにあるニューヨーク州ダッチェス郡で育ち、ニューヨーク州立大学オルバニー校を卒業後、同大学院でも学びました。 そしていずれはニューヨーク州警察かFBIに就職したいという希望を抱いていました。

実際に州警察のインターンシップで働いていた時、初めて人事の仕事に携わることになりました。 州警察の考え方は非常に進歩的で、すでに人事部の改革に着手していました。 特に「ダイバーシティ&インクルージョン(多様性の受容と活用)」に重点を置いたリーダーシップおよび従業員開発への方向転換を目指していたのです。 それ以来、進歩的で常に改善を図り、有能な人材と学習の機会に恵まれたビジネス現場で働き続けることができた私は、とても幸運だったと感じています。

初めて手にした大きなチャンスは、ニューヨーク州スケネクタディにあるゼネラル・エレクトリック・カンパニーの人事部福利厚生チーム担当マネージャーの職に就いたことでした。 約1年後には、人事という仕事をより深く理解するための人事リーダーシップ・プログラムの受講が認められたのです。 プログラムの集大成として製造業における人事の実務経験を積む必要があったため、オハイオ州ウィロビーにあるGEクオーツ社に異動となりました。 最初のうちは全く畑違いの分野に放り込まれたような気持ちを抱いていたのですが、この仕事がその後の私のキャリアおよび人生におけるターニング・ポイントとなったのです。 それ以来、私は製造業界での経験を積み、アクゾノーベル北米支社の人事部長も務めました。

しかしその後、こういった仕事を辞めることを決断しました。 コーチ兼アドバイザーとして起業し、娘と過ごす時間を増やすことにしたのです。 夫ケビンとの間に生まれた3人の娘は、大きな喜びを与えてくれる存在であり、私は心からの愛情を注いでいます。 子育ては一生の仕事です。私達夫婦は、娘が素晴らしい人間に育ってくれれば、自分に与えられた仕事をまっとうしたことになると思っています。

スウェージロックでの仕事を提示されたとき、私はとても嬉しく思いました。 第一に、スウェージロック社の素晴らしい評判を耳にしていたからです。 第二に、私ならビジネスに大きな影響を与えることができると思いました。 ビジネス、人材、チーム、組織-これらをパズルのピースのようにひとつひとつ組み合わせて完成させる作業が大好きなのです。 スウェージロック社では、変革を推し進めつつ、自分の情熱や経験を活かして、スウェージロックが持つパズルのピースを組み合わせて目標を達成するサポートができればと思っています。

親友、コーチ、相談相手になること、そして自分たちの技能を認識すること、この2つを人事部メンバーは大事にしています。 私達が正しい仕事をすれば、絆、思いやり、賢明なビジネス、前向きな思考といった付加価値を届けることができるでしょう。 より深く有意義な方法でビジネスと人材を理解すること、そして会社全体がチームおよび個人として前進できるようサポートすることに、大きなやりがいを感じています。 個人的な意見ですが、優れたリーダーというのは個々の価値、背景、願望について耳を傾け、心を砕く人だと信じています。

有意義な会話や経験を共有することができれば、職場や地域の中で人々は本当の意味でひとつにまとまるものです。 私はクリーブランドにある病気の子供とその家族のための滞在施設 ドナルド・マクドナルド・ハウス の役員を長く務めています。 ドナルド・マクドナルド・ハウスに興味がある方は、ぜひ施設にお越しください。 この世の中には相違点が数多くありますが、ドナルド・マクドナルド・ハウスでのボランティア活動を通じて、私達には共通点もたくさんあるのだと実感することができます。 病気の子供を持つ親にとって、出自や経歴は全く関係ありません。子供を想う気持ちはどの親も一緒なのです。

人のために尽くすこと、人を導くこと、この2つは密接に関連しています。 これまでの人生において、優れた模範となる方や相談相手に恵まれてきたことは、本当に幸運だと感じています。 そのような方々が導いてくださったからこそ、この途方もなく、時には厳しい人生をくぐりぬけてくることができました。 そして今は、母親、リーダー、そして相談相手として、これまで受けてきた恩恵を少しでも還元していけたらと願っています。