alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 Internet Explorerのアップデートを行っていただくか、その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

Matthew P. LoPiccolo

Matthew P. LoPiccolo, Vice President, IS & Chief Information Officer

Matthew P. LoPiccolo

副社長、顧客サービス/サプライ・チェーン担当

クリックして履歴を見る(英語のみ)

私はガソリン・スタンドを経営している家庭に育ち、大学時代はスノコ・スタンドの経営を手伝っていました。 ガソリンを入れたり、オイル点検や窓を洗いながら経営を覚えました。 現場でのお客さまとの接客を通し多くを学びました。

しかしガソリン・スタンド以外の仕事にも興味のあった私は、 1985年にコンピューター・サイエンスの学位を取り、指定販売会社システム部門のプログラマーとしてスウェージロックに入社しました。 しばらく働くうちに私の一番の喜びは、インフォメーション・システム(IS)を適用してビジネスを展開していくプロジェクトに参加することであると気づきました。

2000年に経営学修士号を取得してからは、コンピューター専門以外の仕事にチャレンジしました。 指定販売会社およびロジスティクス部門のディレクターです。

6年にわたり米国、日本、ヨーロッパおよびオーストラリアにおいてディストリビューション・センターの管理を経験しました。 私の所属するグループはその後、工場のカスタマー・サービス・グループと統合され、 サービス・サミットと称するカスタマー・サービス・プログラムを全世界で展開するプロジェクトを手伝い始めたのがその頃です。 サービス・サミットでは指定販売会社の社員を我々の工場に一週間程度受け入れ、また逆に指定販売会社へこちらの社員を派遣したりしました。 その結果、お互いに電話の向こう側の様子がよくわかるようになりました。 直接会ってお互いを知ることはまさに、ガソリン・スタンドでの対面接客と同じで非常に重要なことだと思います。 この活動はスウェージロックにおいて現在も継続的に行われています。

その後、オーダー履行センターの建設という大きなプロジェクトが立ち上がりました。在庫担当と組み立て担当の社員が協同して働くプロジェクトです。 スウェージロックの歴史において一番大きなこのプロジェクトを、2004年から2006年まで担当しました。

この業績に対して米国プロジェクト・マネージメント協会から、PMP(プロジェクト・マネージメント・プロフェッショナル)として優秀なプロジェクトに与えられるカーズナー賞を授与されました。 賞状をオフィスに飾っていますが、プロジェクト・チームの皆で撮った写真を特に大切にしています。

その当時、そして現在も私にとっての興味対象は「ひと」です。 個人が幸せであれば、仕事も前向きで達成度も高くなります。 「よく聞き、よく学び、助け、そしてリードする」という言葉と何年か前に出会いましたが、今でもこの言葉を大切にしています。 耳を傾けて学び、学びながら助ける。 インフォメーション担当の責任者として、インフォメーション・サービス部門の統率に際して掲げてきた教訓です。

プロジェクト・チームをリードしていくことは、私の最大の喜びです。 もし「会社にとって重要で、かつ難しいプロジェクトが5つある」としたら、5つのプロジェクトすべてに対してチームを結成し、かつ目標を達成すると思います。 人と共に働き、他人が問題を解決したり大きな仕事を達成する手助けをしたりすることが喜びです。 会社の発展への貢献にもつながる最高の仕事です。

スウェージロックのビジネス・システム変革(BST)を指揮したことも、会社の発展に寄与することができたと自負しています。 BSTによって、プロセスやシステムにおけるオペレーション改善の基礎を確立することができたのです。 今日、当社のBSTは、お客さまの満足度向上に焦点を置いています。 非常にやりがいを感じています。

現在、スウェージロックは、健全なサプライ・チェーンを確保すること、および一流のサービスを提供することに重点的に取り組んでいます。 お客さまが必要としている製品やサービスは、お約束した通りにお届けする義務があります。 また、もしお客さまが何らかの援助を必要とされている場合は、是非サポートさせていただきたいと思っています。 スウェージロックのサプライ・チェーンおよびサービスのシステムは、お客さまに提供することを約束している高い品質性、革新性などの 価値 を生み出す基盤なのです。

チームに対しては常勝集団であることを望みはしますが、武術を通して30年以上培ってきた経験からも、勝ち負けのコントロールは難しいことを理解しています。 コントロールできるのは勝敗の結果ではなく、努力と取り組み方です。そしてそれは継続的改善の原動力です。 「日々一歩ずつ前進」の考え方は武術だけではなく、私自身、そしてスウェージロックのチームにおいても重要であるといつも思っています。そして私の母校トリニティ高校の 職業インターンシップ・プログラム に対しても同様です。

もうひとつの視点

未来像を描く

スウェージロック社は、SAP®を一括導入し、全社でのデータ共有化を図っています。