alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 Internet Explorerのアップデートを行っていただくか、その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

Connor Herr

Connor Herr

副社長、マーケティング担当

ペンシルベニア州エリーで幼少期を過ごした私は、中西部の産業の屋台骨を支えていた船、列車、製鉄所に魅了されました。 私のキャリアは、まず鉄道エンジニアに始まり、五大湖の貨物船長を経て、最終的に海軍士官に落ち着きました。工学と科学を強く信じていた両親の勧めもあって、私はパデュー大学の海軍予備役訓練課程(NROTC)に参加し、機械工学の学位を取得しました。

卒業後に入隊した米海軍では、海軍原子力推進プログラムのメンバーに選ばれました。 当時、艦隊は冷戦後のドローダウンを完了していたため、業務の大半は原子力船の不活性化が占めていました。

今日の私を作り上げたのは、海軍で身に付けた習慣と特質であると言っても過言ではありません。 細心の注意を払うこと、正確なコミュニケーションを図ること、個人で責任を持つこと、担当業務をやり遂げることといった主義は、すべて海軍で学んだものであり、キャリアを通じて常に大切にしてきました。

海軍にいる間、私はバージニア工科大学でシステム・エンジニアリングのMSを取得し、退役後はハーバード・ビジネス・スクールに進み、MBAを取得しました。

ビジネス・スクールを卒業した後、私は複数の業界でさまざまな役職を経験しました。 製造業では簡素化と透明性の大切さを学び、経営コンサルティングでは影響力を通じたリーダーシップに必要なスキルを身に付け、金融サービスでは分析とデータ駆動型の意思決定力の重要性を認識しました。

2011年にスウェージロックに入社して以来、私はビジネスのマーケティング側に身を置き、顧客、指定販売会社、ビジネス戦略について学んできました。 マーケティングを通じて、サービスを提供する顧客と業界について幅広い視野を得ることができたほか、価格戦略と実行ならびにマーケティング調査を通じて分析力を磨くことができました。

私の考えでは、マーケティングの役割とは、会社が長期にわたってパフォーマンスを維持できるように図ることです。 我々はエンジニアリング、サービス、商務、財務のリソースをまとめ上げ、全社が同じ方向を見据え、顧客が目指している次世代の方向に対応する準備を整えておく責任があります。

リーダーとして、私は個人の緊張が低く、業務に対する緊張が高いチームを作り上げるのが好きです。 創造的で優れた成果を生み出すチームは、相互尊重の気持ちを持ちつつ、ビジネスの問題に対しては情熱的に取り組み、幅広い視点をもたらすメンバーで構成されているものです。

妻のケイティとの間に2人の子供がいます。私の趣味のひとつは、子供たちと自転車でフラッツ・インダストリアル・バレーに行き、幼い頃から愛してやまない船、列車、製鉄所を見て回ることです。 最近、私は興味と信念を抱いて「バイク・クリーブランド」の理事会に参加しました。 バイク・クリーブランドは、あらゆる人向けに持続可能かつ公平で健康的な交通手段をサポートすることを使命に掲げており、その活動は、自転車に優しい法律の整備から、ドックレス・スクーターや自転車シェアといった共有モビリティ・プログラムにまで及んでいます。