alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 Internet Explorerのアップデートを行っていただくか、その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

流体システムの予防保全を行う際の注意点

流体システムのメンテナンスを行う際の注意点

安全対策の一環として、流体システムの定期的なメンテナンスは欠かせません。その際は、以下の点に注意してください:

十分に計画を練る

包括的な計画に従って流体システムのメンテナンスを行うという予防中心型のアプローチを推進すると、潜在的な問題があるエリア、コンポーネントの疲労、流体システムの改善などに対する意識を高めることにもつながります。 また、事故の危険要因を特定できることも少なくないため、安全性向上の面からも、あらかじめ計画を立てておくことは大切です。

システムの再組み立ては慎重に検討する

チューブ継手は一般的にメンテナンスを行う必要はありませんが、システムの他の部品をメンテナンスする際に取り外されることは珍しくありません。 とは言うものの、継手の不要な取り外し(使用中かどうかに関わらず)はできるだけ避けましょう。 問題を防止するため、以下の点に注意してください:

fluid system maintenance
  • チューブと継手のシステムを取り外す際は、適切な手順に従う
  • メンテナンス中はチューブや継手を保護して汚染や損傷を防止する(再組み立て時のトラブル防止のため)
  • 再組み立ての際は、適切な手順に従う
  • 異なるメーカーのコンポーネントを混用しない

漏れには十分な注意を払う

漏れを看過することはやめましょう。 非炭化水素プロセス・システムでは、漏れは大した問題ではないと見なされがちですが、これは大きな間違いです。 蒸気、水、窒素の漏れは、直ちに危険をもたらすものではありませんが、時間がたつにつれて重大な事故、環境汚染、システム損傷につながるおそれがあります。 なお、有資格の専門家による 現場の評価 を行うことで、改善点が明らかになる可能性があります。

最寄りのスウェージロック指定販売会社を見つける