alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 Internet Explorerのアップデートを行っていただくか、その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

蒸気システム・トレーニング

Steam Systems

蒸気システム・トレーニング

ニーズに合わせてカスタマイズしたトレーニングを通じて、蒸気システムの向上を図ります。

目的

  • 業界や特定のニーズに合わせてカスタマイズした蒸気システムの管理方法を理解する
  • 蒸気システムの適切な稼働、設計、メンテナンスの方法を習得することで、エネルギー効率および安全性の改善、生産性の向上、エミッション(排出物)の削減を図る

内容

  • 蒸気の基本トレーニング
    • 蒸気システム管理における重要ポイント(蒸気コストの計算、フラッシュ蒸気、スチーム・トラップ、ウォーター・ハンマーなど)
    • 蒸気の基礎、蒸気の品質、蒸気システム用部品、フラッシュ蒸気の回収および安全性
    • さまざまな蒸気用装置(ボイラー、熱回収装置、蒸気配管、復水配管など)の役割
  • 蒸気システム・スペシャリスト・トレーニング
    • 蒸気システムに関する総合的な情報(蒸気の発生から復水の回収に至るまで)
    • 安全かつ信頼性の高い状態で蒸気システムを稼働させつつ、さらに最適化するポイントを特定する方法
    • 蒸気発生装置(ボイラー)およびその関連部品の基本

受講推奨者

  • 蒸気の基本トレーニング
    • 蒸気システムのオペレーター(技術者、メンテナンス担当者、配管施工者、その他現場作業員など)
  • 蒸気システム・スペシャリスト・トレーニング
    • 蒸気システム管理者(プラント管理者、エンジニアなど)

コース期間

1~3日(ご要望の内容によって異なる)

申し込み方法

ご指定の場所での個別トレーニングをご希望の方は、スウェージロック指定販売会社 までご連絡ください。 受講料などの詳細をご案内いたします。

講師の紹介

ケリー・パッフェル氏は、産業用蒸気システムの世界的な権威であり、蒸気および発電のオペレーションにおいて40年を超える経験を有しています。 また、講師としての経験も豊富で、蒸気システムの設計やオペレーションに関する技術論文を60本以上も執筆しています。 パッフェル氏は『Steam System Best Practices』の著者としても広く知られています。同書は、蒸気および復水システムの適切なオペレーションに取り組むプラントおよびエンジニアに活用されています。 35年にわたって、パッフェル氏は個人的に数千もの蒸気システムの査定、プロジェクト管理タスク、一括請負プロジェクト、製品設計、エンジニアリング業務、およびアメリカ国内外でのトレーニングを実施してきました。 世界中の蒸気システム・エンジニアに師事されているほか、Association of Energy Engineers、ASHRAE、International District Energy Association、AFE Group、Department of Energy’s Steam Best Practices Committee、Steam Technical Committeeのメンバーでもあります。