alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 Internet Explorerのアップデートを行っていただくか、その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon
Tube Benders
チューブ・ベンダー

Swagelokチューブ・ベンダー

Swagelok®チューブ・ベンダーを使用すると、Swagelokチューブ継手に接続可能な材質のチューブ(インチ・サイズまたはミリ・サイズ)を正確に曲げることができます。 このチューブ・ベンダーは取り扱いが容易で、作業時間を短縮し、労力も軽減できます。また、曲げ加工の際にチューブが波状になったり、損傷したりしません。

アプリケーションに合わせて、電動式チューブ・ベンダー、ベンチ・トップ式チューブ・ベンダー、ハンド・チューブ・ベンダーからお選びください。

チューブ曲げの基礎を習得することができるチューブ曲げトレーニング 基本コースは こちら


電動式チューブ・ベンダー

電子制御でチューブを曲げます。

仕様

  • 曲げ範囲:1~110°
  • 使用可能なチューブ・サイズ
       チューブ外径:1~2 インチ(肉厚:1.24~5.59 mm)、25~50 mm(肉厚:1.2~5.0 mm)
  • インチ・サイズ用のベンド・シューで、1 インチ、1 1/4 インチ、1 1/2 インチ、2 インチのチューブに使用できます。
  • ミリ・サイズ用のベンド・シューで、25 mm、32 mm、38 mm、50 mmのチューブに使用できます。
  • CEマーキング適合
寸法(縦置きの場合) たて:112 cm
よこ:74 cm
奥行:76 cm
質量 191 kg
電力仕様:
   MS-TBE-1 115 V(AC)、50/60 Hz、最大電流13 A
   MS-TBE-2 230 V(AC)、50/60 Hz、最大電流7 A

ベンチ・トップ式チューブ・ベンダー

頑丈で軽量なアルミニウム製です。 グリース・ガン、保管用の金属製キャリング・ケースが付属しています。

仕様

  • 曲げ範囲:1~180°
  • 使用可能なチューブ・サイズ
       チューブ外径:1/4~1 1/4 インチ(肉厚:0.71~3.05 mm)、6~30 mm(肉厚:0.8~3.0 mm)

 以下のチューブを曲げる際は、炭素鋼製ベンド・シューが必要です。

  • 肉厚2.4 mm以上かつ外径サイズが1 インチのチューブ
  • 肉厚2.4 mm以上かつ外径サイズが25 mmのチューブ
  • 2507ステンレス鋼チューブ(すべての外径サイズ)
  • ステンレス鋼焼きなまし厚肉チューブ(すべての外径サイズ)
  • ステンレス鋼冷間引抜1/8 ハード・シームレス・チューブ(すべての外径サイズ)
  • IPTシリーズ・ミディアム・プレッシャー/高圧用チューブ(すべての外径サイズ)

手動タイプの場合、オプションのトルク・クラッチとサポート・アーム・キットを使用すると、1/2 インチ・ドリル・モーターで操作することができます。

CEマーキング適合

寸法(ケース込み) たて:37 cm
よこ:53 cm
奥行:28 cm
質量(ケース込み、ツールは除く)
   手動タイプ 34 kg
   電動タイプ 36 kg
電力仕様(電動タイプ)
   MS-BTB-1 110 V(AC)、50/60 Hz、最大電流 10 A
   MS-BTB-2 230 V(AC)、50/60 Hz、最大電流5 A

ハンド・チューブ・ベンダー

ロール型ダイにより、従来のスライド・ブロック型よりも小さい力で曲げることができ、また、チューブのだ円化も抑えます。

仕様

  • 曲げ範囲:1~180°
  • ハンド・チューブ・ベンダー・サイズ:1/8 インチ、1/4 インチ、5/16 インチ、3/8 インチ、1/2 インチ、3 mm、6 mm、8 mm、10 mm、12 mm
  • クレビス・ハンドルにより、てこの作用が増強され、90°以上曲げることができます。
  • ハンド・チューブ・ベンダーは、サイズが1/4 インチを超える2507ステンレス鋼チューブや、ミディアム・プレッシャー・チューブには使用できません。

製品を参照して購入する

カタログを見る または 指定販売会社を検索する

安全な製品の選定について: システム設計者およびユーザーは、製品カタログの内容をすべてご覧になった上で、安全な製品の選定を行ってください。 安全にトラブルなく機能するよう、システム全体の設計を考慮して、製品をご選定ください。 機能、材質の適合性、数値データなどを考慮し製品を選定すること、また、適切な取り付け、操作およびメンテナンスを行うのは、システム設計者およびユーザーの責任ですので、十分にご注意ください。

ご注意:
他社部品との混用や互換は絶対に行わないでください。