alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 Internet Explorerのアップデートを行っていただくか、その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

チューブ・カッター/チューブ前処理用ツール

Tube Cutting and Preparation Tools
チューブ・カッター/チューブ前処理用ツール

チューブ・カッティング・ツール

Swagelok®チューブ・カッティング・ツール TC72シリーズを使用すると、ステンレス鋼製の薄肉チューブやエルボーを簡単かつ正確に切断することができます。 変形を防止するクランプ・システムを採用することで迅速な調節を実現し、さまざまな外径サイズのチューブに対応します。

  • 直角で、バリや変形のないチューブ端面
  • 持ち運びに便利
  • レーザー・ポインター内蔵で、切断部の位置決めが容易
  • 切断深さやチューブ外径サイズを変更する際でも工具は不要
  • CEマーク表示

オプション/アクセサリー

ソー・ブレード 交換用ソー・ブレードがございます。 チューブ・カッティング・ツールには付属品として、標準ソー・ブレード(1個)が含まれます。
三脚 ステンレス鋼製で、現場でのセットアップや使用が簡単です。
クランプ・ジョー 交換用硬化アルミニウム(鋳造)製クランプ・ジョーがございます。
レーザー・ポインター・キット 切断部を正確に表示する交換用レーザー・ポインターがございます。

仕様

使用可能なチューブ外径サイズ 1/4~4 1/2 インチ、6~120 mm
使用可能なチューブ肉厚 3 mmまで

チューブ・フェーシング・ツール(端面処理機)

Swagelok®チューブ・フェーシング・ツール(端面処理機)を使用すると、チューブ端面やMicro-Fit®(マイクロ・フィット)溶接(ミニチュア・チューブ突き合わせ溶接)継手のバリや面を取り除き、平らで滑らかに、そして直角に機械処理することができます。 このツールは、316ステンレス鋼、炭素鋼、チタニウムやその他さまざまなニッケル合金などのチューブ材質に使用することができます。

  • 目盛り付きマイクロフィード:材料の切削度合の調節が可能
  • 表面保護コーティングされたビット(両サイド・エッジ付き)
  • 頑丈な工業用モーター:速度調節やコントロールが容易
  • コレットのサイズ交換のための工具は不要
  • 着脱可能なベンチ取り付け用ブラケット付き(コード付きモデルの場合のみ)
  • 透明のセーフティー・シールド/ガード:切削エリアから作業者を保護
  • インサート・ホルダー(オプション)により、開先加工が可能
  • 保管運送用ケース付き
  • CEマーク表示
  • サイズが1/4 インチを超えるSAF 2507ステンレス鋼チューブや、ミディアム・プレッシャー・チューブには使用できません。

コードレス・モデルの特徴:

  • 長寿命リチウム・イオン・バッテリー(残量表示付き)
  • 温度モニター内蔵で、電気過負荷を保護
  • 空冷式のため、急速充電が可能で、耐久性に優れる

オプション/アクセサリー

カッティング・インサート/ホルダー フェーシング・ツールには付属品として、カッティング・インサート(1個)およびインサート・ホルダー(1個)が含まれます。 交換用カッティング・インサートは、1パック10個入りです。
バッテリー/充電器 コードレス・モデルのチューブ・フェーシング・ツールには付属品として、充電式リチウム・イオン・バッテリー(2個)および充電器(1個)が含まれます。 バッテリーおよび充電器は、単品でもご注文いただけます。

仕様

チューブ外径(呼び径)サイズ 1/8~1/2 インチ、3~114.3 mm
使用可能なチューブ肉厚 3 mmまで

バリ取り用ツール

ステンレス鋼、炭素鋼、硬質合金のチューブ端面のバリ取りに使用することができます。 内外径サイズが3/16~1 1/2 インチ、4~38 mmのチューブに対応します。


チューブ・カッター

ステンレス鋼などの硬質チューブや、銅やアルミニウムなどの軟質チューブを切断することができます。 外径サイズが3/16~1 インチ、4~25 mmのチューブに対応します。


チューブ・ソーイング・ガイド

金のこでチューブを切断する際、チューブ・ソーイング・ガイドでチューブを固定すると、切断作業を迅速かつ正確に行うことができます。 外径サイズが3/16~1 インチ、4~25 mmのチューブに対応します。 チューブ・ソーイング・ガイドは、バイスに容易に取り付けることができます。


製品を参照して購入する

カタログを見る または 指定販売会社を検索する

安全な製品の選定について: システム設計者およびユーザーは、製品カタログの内容をすべてご覧になった上で、安全な製品の選定を行ってください。 安全にトラブルなく機能するよう、システム全体の設計を考慮して、製品をご選定ください。 機能、材質の適合性、数値データなどを考慮し製品を選定すること、また、適切な取り付け、操作およびメンテナンスを行うのは、システム設計者およびユーザーの責任ですので、十分にご注意ください。

ご注意:
他社部品との混用や互換は絶対に行わないでください。